イメージ画像

審査が通りやすいカードローン一覧です。キャッシングしたいけど審査が不安な方はご覧ください。

審査が通りやすいカードローンは?

カードローンというのは、様々な種類があり、それぞれ中身が異なっています。審査が通りやすいカードローンもあれば、通りにくいカードローンもあるし、金利が低いカードローン、高いカードローン、即日融資可能キャッシングか、限度額違い、などなど。

どこの金融機関のカードローンかということで、利用できる限度額や金利、審査などが大きく変わってくるので、利用をする際にも、自分の都合に合わせて利用するカードローンを選択することができます。

まず、カードローンには、銀行系カードローンと流通系・信販系カードローン、消費者金融系のカードローンに分けられます。 銀行系カードローンは、銀行のカードローンを利用してキャッシングでお金を借りることで、普段、利用している銀行でカードローンを利用してお金を借りることができます。

口座を持っていなくてもカードローンを利用することができるので、好きな銀行のカードローンを利用できます。 銀行のカードローンということで、安心してキャッシングで借り入れをすることができるかと思いますが、審査は少し厳しめとなっていて、銀行カードローンの申し込みをしたものの、審査に落ちてしまったという人も多くみられます。

なので、申し込みをする際には、収入と借り入れる金額などについてよく考えてから申し込みをするようにしないといけません。 また、審査にかかるスピードも、少し時間がかかるといわれています。最近では、キャッシングの審査もかなり早くなったといわれているのですが、他の金融機関でカードローンを利用したことがある人は、こうしたところに戸惑うかもしれません。

また、銀行系のカードローンでは、他の金融機関に比べて一番金利が低くなっているのも特徴です。 流通系、信販系カードローンは、ショッピングセンター、百貨店、デパートなどのクレジットカード、信販会社のクレジットカードによって利用できるカードローンです。 すでにクレジットカードとして利用している場合には、審査も早くすぐに利用できるということで、比較的、利用しやすいカードローンです。 審査そのものもやさしいといわれていて、誰でも利用できるのですが、他のカードローンに比べると金利が少し高めに設定されています。

消費者金融のカードローンキャッシングは、消費者金融で利用できるカードローンで、テレビのCMなどでもよく見かける消費者金融のカードローンです。 他のカードローンに比べると、一番審査が通りやすいので、利用しやすくなっていて、他の金融機関のカードローンの審査に落ちてしまったという人でも利用できることが多くなっています。消費者金融の中でも審査が通りやすい、審査が通りにくいがありますのので、当サイトの審査が通りやすいカードローンを参考にしてください。 審査のスピードも非常に早くて、最短審査30分というように、申し込みをしてすぐに審査が終わり、そのまま借り入れをすることができるようになっています。 なので、即日融資も可能で、すぐにお金を用立てることができるのが大きな魅力です。 ただ、その分金利が高くなっているというのも大きなポイントで、借りれる際には、よく注意をしなければなりません。

加えて、消費者金融系カードローンでは、名前のよく知られている大手の消費者金融の他に中小の消費者金融もあります。 こうしたところは、非常に金利が高いことが多く、利息制限法などの法律を無視して、違法にお金を貸しているところも少ないですがあることはあるので、利用する際には気を付けなければりません。審査が通りやすいからと言って、安易にカードローンの契約はしないようにしまよう。 闇金という場合もあるので、あまり名前の知らない消費者金融でのキャッシングの借り入れ等は、行わないの方がいいといえます。 また金利については、銀行系カードローン、流通、信販系カードローン、消費者金融カードローンで、それぞれ異なっています。 銀行系カードローンでは、金利は3.5%前後~13%前後という所が多く、各銀行によって異なりがあります。 銀行系カードローンは、他の金融機関に比べると、全体的に金利が低くなっているのですが、特に金利が低いのが、住信SBIネット銀行のプレミアムコースで、金利が1.99%~7.99%となっています。 金利を低く借り入れをしたい場合には、銀行系カードローンを選んで借り入れをするようにするといいようです。 流通、信販系カードローンは、金利が高いとも低いとも言い難いことが多くなっています。これは、会社によって金利が異なっている為で、7~18%、18%~という高い金利のところもあります。

会社によって金利が大きく違うというのが大きな特徴であるので、利用をする前には 事前によく確認をしておくようにしたいものです。 他に比べて審査が通りやすい消費者金融カードローンは、全体的に金利が高くなっていて、4.5%前後~18%というところが多くなっています。 このようにカードローンの種類によって、金利も大きく変わってくるのですが、どこの金融機関であっても、利用する金額が大きくなればなるほど金利が低くなるようになっています。 10万円を借りるよりは、50万円を借りたほうが金利は安くなりますし、最低金利は、その金融機関の借り入れ上限の金額を借りた際に適用されます。 また、カードローンの中には、金利のかからない無利息のカードローンもあります。 無利息のカードローンは、借り入れをして一定期間内に借り入れたお金を返済することで金利が一切かからずに済むというものです。

これは、お金を借り入れても、すぐに返済することができるという人が利用すると無利息でお金を借りることができるので便利です。 消費者金融系のカードローンで、無利息期間のあるカードローンサービスを行っているところが多くあるので、気になる人は、そうした消費者金融系のカードローンを利用ていくようにするといいようです。

そして、カードローンを利用した際には、しっかりと返済をしなければなりません。 返済方法としては、主に分割払い、リボルビング払い、元利均等は相、元金均等払いがあり、ほとんどの場合がリボルビング払いで返済をします。 返済をする際には、店舗ATMや提携コンビニのATMなどで返済をすることができます。 銀行系カードローンの場合は、銀行ATMで返済をする以外にも、口座から引き落としで返済することもでき、自由に選択することができます。 カードローンを利用した際の返済については、期限以内に定められた金額を返済するようにしなければいけないのですが、借りたお金を返済することができずに多重債務に陥るという人もいるので、気を付けなければなりません。

このページの先頭へ